ヒオキタマオオフィシャルブログ「ひおにっき。」

自称「日本一売れてない地下アイドル」ヒオキタマオのオフィシャルブログです。

マイノリティー・リポート

久しぶりに映画を流してくれて
ありがとうフジテレビ。
という訳でダラダラとマイノリティーリポートを観てました。

本当にダラダラ観てたのであらすじが微妙に違ったらすみません。
とあるシステムにより殺人予知が可能になった未来のワシントンD.Cで、警察で働くアンダーソン(トム・クルーズ)が自分の犯す殺人の映像を目撃。
何故自分が殺人を犯すのか?
また、その予測は回避出来るのか?
追われる立場となったアンダーソンは逃走しながら真実へと辿り着く…

みたいなSFサスペンスです。
とりあえずスピルバーグ監督だから未来のワシントンが物凄い!
そして殺人予知システムも凄いんですが
半分死んだような人間(未来予知の出来る子達3人)を使ってる*1ので若干気持ち悪いです*2
アンダーソンは真実究明の為に目玉取り出して取り替えたり
未来予知の出来る子の一人、アガサを拉致して「マイノリティー・リポート」*3を探し出したり
もう手段選ばないなトムクルーズ、みたいな。
そして映像と同じ場所にたどり着くんですけど

これで本当にアンダーソンがこいつ殺して終わりだったらクソ映画だぞ

って思ったら

アーーーーーー
終わったーーーーーー( ゚д゚)(終わってません)

いやそもそも
予知された時刻回避出来た時点で拳銃しまえや(小並)。←観ればわかります

とりあえずそれで終了じゃなくて
それを仕組んだラスボスが居るんです。
観ていくうちに何となくわかると思います。
私も

やっぱりお前かーい

ってなりました(笑)

で、ラストシーンはバッドエンドでは無いのですが
これハッピーエンドでもねえよな…(沈黙)

しかしながら話の組み立て方とかアクションとか、最後までハラハラして面白かったです!
ちなみに来週はインディペンデンス・デイらしいですが

監督が破壊王って橋本真也さんですか?( ̄◇ ̄;)
(洋画だよ)

とりあえずインディペンデンス・デイって何回かテレビでやってるんですが私ちゃんと観た事なくて
大統領の「インディペンデンスデイ!」っていう演説と戦闘機乗るシーンくらいしか知らないので来週ちゃんと観ます。*4

*1:その3人が見た映像を転送している

*2:何故か水の中にずっと浸かっている

*3:不正確な未来予知として削除されたはずのファイル。システム開発者曰く「未来予知出来る子の脳内に隠してある」

*4:そもそもウィル・スミスが主役なのも知らなくて大統領が主役だと思ってた